スズメバチの巣のような大きさで、六角形の形の部屋を持つハニカム構造の巣が、集合住宅とするならば、クマバチの巣は、戸建の住宅、いや、むしろカプセルホテルという表現が合うようなタイプの巣です。

枯れた垣根や、古い枯れ枝、人家の軒下等に、上手い具合に体がすっぽり収まる程度の穴を開けます。

その場所は何代も活用されてしまいますので、一年限りのお付き合いというわけにもいかなくなってしまします。

その巣の周りをお決まりの羽音をさせてブンブン飛び回られては、いかに危害を加える事がほとんど無いクマバチとは言っても、気になってしまいます。

ましてや、小さいお子さんがいたり、玄関等の人の出入りが多い所では、そっとしておくというわけにはいかなないかもしれません。

クマバチの巣の効果的な駆除方法をご紹介いたします。

クマバチ 巣 駆除 方法

クマバチの巣の駆除方法

クマバチの巣は基本的にはそっとしておくケースが多いです。

人に害を及ぼすことが少ないからです。

スポンサードリンク

ただし、家の柱や、梁に穴を開けられたのでは、家の強度が下がってしまう恐れもあります。

まずは穴を塞いだり、木の枝をカットして対策しましょう。

そして、付近に枯れ木等を置かないようにします。

しかし、家の柱に巣を作られてしまった場合には、そう簡単に切り取るわけにもいきません。

近くにまた同じように穴を開けられてしまいます。

その為、駆除時には、殺虫スプレーを巣に噴射します。

スズメバチなどの大勢のハチのいる巣にスプレーをかけるわけではないので、それほど危険ではありません。

そのスプレーも、ハチ用でなくても大丈夫です。

殺虫スプレーを巣と、その周辺にも散布することで、クマバチにその巣を放棄させることができます

まとめ

ハチが巣を作る場所は、見つかりにくく、住み易く、雨風の影響を受けない、近くで餌を調達できる等の好条件の場所が選ばれます。

その為、一度巣を取り除いたり、クマバチのように穴を埋めたとしても、また同じところに巣を作り始めてしまう傾向があります。

一番の対策は、作る前に対策を講じることです。

クマバチの場合は朽ち木に作られるケースもありますので、庭に、木材や朽木を放置しない、常に綺麗にしておくという予防策もありますし、ハチの嫌うハーブを庭に植えるとか、穴を開けさせない工夫が必要です。

巣が巨大化する事はないので解り辛いですが、家の周りを定期的に見回りをするのも大きいです。

基本的にはクマバチは人に危害を加えない温厚な性格をしていますので、駆除業の人ですら心が苦しいといわれる程ですが、むやみにせっかく作った巣を撤去させてしまう事のないように、事前のチェックをするようにしましょう。

スポンサードリンク