春になるとたくさんの虫が出てきますが、冬の間その虫たちはどのように過ごしているのでしょうか。

虫の中でもハチの仲間のアシナガバチは冬眠すると言われているようです。

アシナガバチは冬眠するのでしょうか。

また、冬眠するとすればどのような場所で冬眠していくのかについて紹介したいと思います。

アシナガバチ 冬眠 場所

アシナガバチって冬眠するの?

アシナガバチの女王蜂が1匹で作った巣を、働き蜂が大きくしたくさんのハチが産まれ、次の女王蜂候補やオスバチが産まれる交配すると、活動が弱くなりその巣での活動が終わります。

アシナガバチは、次の年に女王蜂となるハチ以外は冬を超える事ができずに死んでしまいます。

女王蜂のみが冬を超えるために、体力を使わず敵に見つからない場所でじっとして動く事はありません。

冬眠と言うのは、秋のうちにたくさん食べ物を食べ栄養分を溜めこみ、寒い冬の間眠っているということになりますが、アシナガバチの場合は冬眠ではなく、あくまでも越冬といった方が良いでしょう。

冬の間はただひたすらじっとしているだけで、身動きもとらず飲まず食わずで春を迎えることになります。

春になり気温が上がり暖かくなってくると、アシナガバチの女王蜂は栄養を摂り体力を回復して巣作りを始めます。

スポンサードリンク

アシナガバチの冬眠の場所は?

アシナガバチの冬眠(越冬)する場所は、枯れ木や樹皮がはがれて木のなかが腐るなどして隙間で洞窟状の空間、石のすき間 、中には巣に止まったまま越冬するアシナガバチの女王蜂もいるようです。

基本的に、雨や風の当たらない寒さをしのぐ事ができ体力を春まで保つことのできる場所を探し越冬する事が多いようです。

冬眠(越冬)する場所と言うのは、寒さをしのげる場所なのでアシナガバチの女王蜂が集まる事もあるようです。

それだけ冬眠(越冬)には良い場所だということが言えます。

まとめ

アシナガバチは、働きバチやオスバチは越冬する体力がないことから、女王蜂のみが冬眠(越冬)をします。

枯れ木・樹洞・石の間など、雨風が当たらず寒さをしのげる場所を探し行います。

寒い冬を耐え忍んだ女王蜂は春になると冬眠(越冬)から覚め活動を開始します。

スポンサードリンク