スズメバチに人間が刺されると大きなダメージになり、生命の危機に陥ることもあります。

活動が活発なシーズンになると毎年のように襲われたり、刺されて亡くなったりということをニュースで目にします。

1年の間に熊に襲われたり毒蛇に咬まれるよりも、スズメバチに刺されて亡くなる方の方が多いようなので、非常に危険な生き物だということがわかります。

特に秋が近づいてくると、行動が活発化して攻撃性も増しますから、畑に出たり登山に行く時は十分な対策をしてから出かけるようにしましょう。

スズメバチの行動と習性を知ることも予防のひとつです。

ここではスズメバチが好む花や蜜についてご紹介していきましょう。

スズメバチ 花 蜜

スズメバチが好む花の蜜や花に集まる理由とは!?

好む花は、

  • カクレミノ
  • ヤブガラシ
  • ノブドウ
  • ナンキンハゼ
  • イソノキ
  • サザンカ
  • ユーカリの仲間
  • ウド
  • アレチウリ
  • キヅタ
  • ヤツデ
  • ホソバヒイラギナンテン
  • チャノキ

が挙げられます。

スポンサードリンク

では、なぜスズメバチはこのような花を好んで集まって来るのでしょうか?

これはスズメバチの舌に原因があります。

スズメバチの舌は短いために蜜を吸いにくいのです。

ですから蜜腺が露出しているような花でなければ、上手に蜜を吸うことが出来ません。

スズメバチは昆虫も食べますが、炭水化物が栄養源なので花の蜜を吸うのです。

他のハチも同じように集まってきますから、スズメバチにとっては一石二鳥であり絶好の餌場となるのです。

また樹液や果樹にも集まってくるので、このような場所ではスズメバチを刺激しないように注意することが必要です。

まとめ

このようにスズメバチの好む花や蜜、その花に集まる理由がおわかりになったかと思います。

メスのスズメバチは女王蜂や雄蜂を養わなければならないので、秋が近づくと餌を求めて働いています。

好む花を見つけたら、スズメバチがいるかもしれませんので気をつけましょう。

もし見つけたら刺激しないようにしましょう。

スポンサードリンク