スズメバチに刺されて毒を注入されると、非常に強い痛みと腫れを引き起こします。

また、ときにはハチ毒アレルギーの反応が全身症状として出て、命を危険にさらされることがあります。

こういった理由から、スズメバチは、蜂の種類の中でも、最強であるとして人間から恐れられています。

さて、そんなスズメバチの毒にはどのような成分が含まれているのでしょうか?

また、この毒が逆に健康に良い効果をもたらすことがあると知っていましたか?

健康のためにスズメバチを食べることがあるのです。

今回は、スズメバチの毒の成分と健康に良いと言われている効能についてご紹介します。

スズメバチ 毒 成分 効能

スズメバチを食べる!毒の成分とは?

スズメバチの毒液には、様々な成分が含まれていることから、ときに「毒のカクテル」とも呼ばれます。

具体的には、痛みやかゆみの原因となる「アミン類」痛みや赤血球破壊、血圧低下、アレルギー症状の原因となる「低分子ペプチド」組織破壊、赤血球破壊、アレルギー症状の原因となる「酵素類」などが含まれています。

スズメバチの場合は、特に痛みの原因となる「アミン類」が多く含まれています。

このために、スズメバチに刺されると強い痛みを感じます。

また、スズメバチは蜂の中でも所持している毒の量が多いので、危険だと言われています。

スポンサードリンク

スズメバチの毒に健康に良い効能がある?

スズメバチを健康のために食べることがあると知っていましたか?

スズメバチの毒と言えば、人間にとって危険なイメージばかりが先行しています。

スズメバチの毒による効能が高い食べ方(飲み方)として、スズメバチ酒が知られています。

このお酒は、スズメバチを生け捕りにして、焼酎等の好みの酒に3年ほど漬けるというものです。

刺されて皮膚を通して注入された毒は、人間へ害を及ぼしますが、食べることで口から摂取し、腸内で毒の成分を吸収することで、疲労回復、高血圧、血糖値、不整脈、喘息、美肌効果といった効果が期待できるのです。

今年の冬はこれのお陰で風邪をひかない #スズメバチ酒

@ kbgg.1986がシェアした投稿 –

まとめ

スズメバチと言えば、恐ろしい毒のイメージが強いですが、使い方によっては寧ろ健康に良い効能があるのですね。

生け捕りにした蜂が、お酒の中に何匹も浮かんでいる様に、最初は驚くかもしれませんが、身体に様々な良い効果をもたらしてくれる飲み物ですので、一度試してみられてはいかがですか?

スポンサードリンク