スズメバチに刺された、というニュースをたまに見ますが、事故の時間帯はいつも昼間のような気がします。

スズメバチは日中しか活動しないのでしょうか?

また活動時間は季節によっても異なるのでしょうか?

これからスズメバチの生活リズムについて、ご紹介します。

スズメバチ 活動 気温 時間

スズメバチが活動しやすい気温

スズメバチは1年中活動している訳ではありません。

気温が20℃ぐらいになる4~5月、女王バチは眠りから目覚めて、たくさんのオスと交配し、巣により多くの卵を産み付けます。

これが後に働きバチとなるのです、働きバチが羽化するまでの間、女王バチは1匹で巣作りや育児をするのです。

「女王」とはいえ、最初は大変ですね。

また駆除をするなら、早い段階が良いので、この時期が良いでしょう。

6~7月になって最初の働きバチが巣作りできるようになると、女王バチは産卵に集中します。

働きバチはどんどん増え、巣も大きくなります。

8~9月に巣が最大となり、防御反応が働いて、近付いてくるものに容赦なく攻撃します。

危険性が高いのはこの時期ですね。

スズメバチは最も活動的になります。

秋になると餌が減ってイライラしており、刺すこともあります。

11月頃までは巣に近付かないようにしましょう。

12月になると翌年の新女王バチが巣から出て行きます。

巣内の働きバチは寿命を迎え、巣の働きも終えます。

スズメバチは巣を再利用することなく、1年限りです。

せっかく立派なものを作ったのに、もったいない気がしますね。

スポンサードリンク

スズメバチが活動する時間帯

スズメバチは早朝から夕方にかけては、巣から外に出て、巣作りの材料や餌を探しに行きます。

スズメバチは巣に近付くと、巣を狙われているとして刺そうとします。

最も刺される危険性が高いのは、巣の出入りで近くにいる時で朝4時頃と夕方6時頃です。

夕方から早朝にかけては巣内で過ごしています。

スズメバチの巣を駆除するなら、巣内にいる夜間に行えば、一網打尽にすることができます。

まとめ

スズメバチは、女王バチしか越冬することができません。

働きバチとは、仕組みからして違うのですね。

そして働きバチが羽化するまでは、1匹で何もかも行うと知り、女王バチへの見方が変わりました。

スポンサードリンク