見た目も針も恐ろしいスズメバチ。

そんなスズメバチが、外に干していた洗濯物にくっついていた!

ありえる話です・・・。

そこで、市販されているスズメバチの予防スプレーは、効くのでしょうか・・・?!

購入する際は、どの成分を確認すればいいのでしょうか。

スズメバチ スプレー 予防 効かない 成分

スズメバチの予防スプレーの成分は?

スズメバチの予防を目的にスプレー式の殺虫剤を選ぶ時は『トラロメトリン』が成分に含まれているか確認しましょう。

スズメバチに巣を作られたくない場所に噴霧します。

しかし効果の持続は薄い傾向があるのでこまめに噴霧する必要があります。

スズメバチの予防に、スプレーでは効かない?

スプレー式の殺虫剤には、そこにいるスズメバチに直接噴霧すれば駆除する力はあるのですが、『予防』という点では効果は期待できません。

予防も望む時は上記のトラロメトリン配合のものを選びます。

スポンサードリンク

駆除するだけならゴキブリ用でも代用可能

スズメバチの駆除に効果が高いと言われる殺虫剤はピレスロイド系のものです。

実は蜂は、ゴキブリやアリよりも薬剤に弱いので、ゴキブリ用のスプレー式殺虫剤でも駆除だけなら代用することはできます。

ただ、ゴキブリ用のものは、スズメバチ用のものよりも噴射距離が短いので、その分、蜂と距離を取ることができません。

ハチの予防に効果的なのは?

環境によって効果は変わりますが「ハチが来なくなった」と言う声が多いのは、木酢液(もくさくえき)バポナ虫除けネットWです。

蜂に巣を作られたくないところや洗濯物を干すベランダなどに、置いたり吊るしたりすることができます。

木酢液はスズメバチが嫌う臭いを発していていますが、人によっても「臭いが苦手」と言う方がいます。

また、屋外の整理整頓や、スズメバチの餌になるものを置かない(水も)こともスズメバチを寄せ付けない対策となります。

郊外にお住まいで、家の近くに巣を作られたりする場合は、女王蜂が活動し始める時期にスズメバチトラップというものを作って吊るしておくことも予防効果が期待できます。

スズメバチトラップは簡単に手作りできますが、設置する場所には注意が必要です。

まとめ

スズメバチの殺虫・予防を謳うスプレーは、殺虫効果は高いものの、「スズメバチを予防する」ということに重点をおけば、予防スプレーだけでは効果は薄いようです。

スズメバチを寄せつけないためには、継続的な対応と二重三重の対策が望ましいでしょう。

スポンサードリンク