アシナガバチは大人しいとはいえ自分の生活場所にいたらやっぱり怖いですよね。

しかし巣を作られてしまっては「いつ刺されるか」と気が気じゃありません。

業者さんに頼むと割と高くついてしまうし。

スズメバチとなるとさすがに怖くて手が出せませんがアシナガバチならまだなんとか自分で駆除できそうな気がします。

今回はペットボトルで簡単に作れるアシナガバチ用の罠について書きたいと思います。

ペットボトル 駆除 捕獲

ペットボトルでアシナガバチ駆除・捕獲のための準備

~用意するもの~

  • 大きめのペットボトル(大きくても2ℓ程度)
  • 砂糖
  • お酒(清酒・ワインも可)

~作り方~

  1.  ペットボトルの上部にH型になるように2・3cm四方の穴を開け、上半分は外側に折り曲げ、下半分は内側に折り曲げる。
  2. 用意した誘引剤を砂糖:酢:酒を1:1:2の割合で入れたら完成。

これを日陰で子供の手が届かない高さの場所に吊るしておけばアシナガバチが引き寄せられるはずです。

大丈夫とは思いますが好奇心旺盛な大人のために「触るな!」「危険!」などの張り紙をした方がいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

ペットボトルの罠でアシナガバチを駆除・捕獲するのに最適な時期

もうすでに巣を作られてしまってからでも罠にかかってしまえば数は減るので効果はありますが、仕掛けるにあたっていちばん適している時期は4月~5月くらいです。

なぜならその時期はアシナガバチの女王蜂がまだ巣を作っておらず産卵前なので、女王蜂しかいないのです。

巣を作られたくさんの卵を産んでしまう前に女王蜂を駆除してしまえばその後の数百匹の駆除を考えなくても良くなり、とても効果的といえます。

しかしこの罠を設置するうえで注意していただきたいのが、たまにスズメバチなどもやってくるということです。

回収のするために罠に近づくときには、周りに蜂がいないか十分に注意してくださいね。

まとめ

アシナガバチを捕獲する罠の作り方は簡単なので、アシナガバチの駆除方法に困っているあなたはぜひ1度試してみてください。

ポイントは、春先に設置することです。

スポンサードリンク